フォト

リンク

  • 札幌レンタリース

リンク!リンク!リンク!

最近のトラックバック

« 中札内をフラフラ~ | トップページ | さよならサクラバクシンオー »

2011年4月30日 (土)

帯広をフラフラ~

帯広は何度か訪れていますがココは初めて!

016

なかなかの迫力で迎えてくれます。 帯広百年記念館。動物園や美術館もある緑ヶ丘公園にあります。帯広市の中心部にありながら自然豊かな広大な公園です。

012

十勝の歴史や自然が楽しく学べます。

入館料400円 お得な他の施設との共通券もあり。

008

公園内にエゾリスがたくさんいるようです。

027

美術館でエッシャー展を見てきました。だまし絵の画家としか思っていませんでしたがまぁビックリ。イマジネーションの多彩さにやられました。 見ごたえありましたよ。

019

この建物も公園内にあります。

018

十勝監獄石油庫です。北海道の開拓は各地からの入植者や屯田兵、そして囚人たちの働きによってなされていったのです。監獄の照明用の油庫として建てられた石油庫のほかに囚人たちがレンガや瓦を焼いた登り窯の跡が公園内に遺されています。

旧北海道集治監十勝分監油庫

帯広市字緑ヶ丘2番地 緑ヶ丘公園内

明治34年(1901)建築

011

公園内は野草園やみどりと花のセンターなど植物を楽しむ施設も充実。大きな池や日本庭園もあり一日過ごせそうです。

003

この威風堂々とした像は帯広開拓の祖として有名な依田勉三の像です。台座が異様に高いので顔がよく見えませんー 依田勉三は北海道開拓の志で晩成社という会社組織を結成、移民団として帯広の開拓に着手します。六花亭のお菓子「マルセイバターサンド」のラベルは晩成社が商品化した「マルセイバター」(当時はバタ)のラベルの復刻です。また「ひとつ鍋」というもなかは勉三が詠んだ「開墾のはじめは豚とひとつ鍋」という句にちなんでいます。

帯広市東3条南2丁目 中島公園内(帯広神社の向かい)

025_2

これはこの日のおやつ・・・。六花亭ではないのですが~

おかしの館のあくつ

帯広市大正本町本通3丁目9番地

帯広郊外のお菓子屋さんですが人気のようでお客さんで賑わっていました。おいしかったです。

ぽちっと応援お願いします。

人気ブログランキングへ

« 中札内をフラフラ~ | トップページ | さよならサクラバクシンオー »

フラフラ~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帯広をフラフラ~:

« 中札内をフラフラ~ | トップページ | さよならサクラバクシンオー »