フォト

リンク

  • 札幌レンタリース

リンク!リンク!リンク!

最近のトラックバック

« 天敵 | トップページ | お墓参り »

2011年10月 7日 (金)

小樽歴史とグルメと銭湯でフラフラ~

今日は朝から降ったりやんだり。 本とネットで小樽の歴史的建造物の調べ物をしていると、夫が「これから行ってみる?」というので急きょ小樽へ。

007


平日で天気も悪いのに観光客でにぎわう観光地をスル~

009

どんよりあやしい雲の下、運河沿いもスル~

012

着いたのはこちら、「ラーメン焼きそばの店 かたの」さんです。外観はちょっと入るのを躊躇してしまいそうなたたずまい。 のれんが出ているのでOKでしょう・・・。

011

いただいたのは五目やきそば。シンプルですがボリュームもありしつこくなくておいしかったです。

015

お店は高島漁港が目の前という関係者か釣り人くらいしか通らない場所にあります。 ご夫婦で切り盛りしているようなのであまり混み過ぎても困るのかな・・・

014

ラーメンと焼きそばの店 かたの

小樽市高島1丁目5-17

016

おなかがくちたところで本題~ 小樽の歴史的建造物めぐりは観光パンフレットや小樽の建築探訪という本を参考にしているのですが、本に載っているところは残すところあと数か所になりました。ここは行きつけなくて何度か挫折していた場所。今日ようやく見つけました。 ただ塀に囲まれており近づいて見ることができません。

020

しかも木の陰~・・・ 安政6年に能登から漁師として小樽へやってきた能島家の邸宅です。代々、地域の開発に尽力したそうで「能島通り」という名前も残っています。

能島邸

小樽市錦町

明治初期建築と伝えられる

021

こちらもなかなか行きつけなかったところ。ようやく行きつけました。能島邸は和風、こちらは洋館ですね。

022

軒下の飾りや上げ下げ窓、下見板もよく合っています。

023

かわいいタイルがはめ込まれています。

024

テラス部分もオシャレですねぇ。  この邸宅は元はニシン漁で財を成した金澤友次郎の邸宅の一部(洋館部分)だったもので、解体の危機にあったものを現在の持ち主が私財を投じて移築したものだそうです。ちなみに母屋だった部分(和館)は藪半というおそば屋さんとして再生されているそうです。(とてもステキなおそば屋さんです。味も抜群!)

K邸

小樽市最上

明治37年(1904)以前建築

026

なんとなく上がってみた天狗山。久しぶりです。

025

見晴らし最高でも強風ですぐに撤退

031

さて、体も冷えたので

032

日の出湯に行きたかったのですが何と定休日・・・ 

029

富山出身の現店主の祖父が大正11年に開業したそうです。改装しているのであまりレトロ感は感じなかったのですが浴室の富士山のタイル絵が良かったです。 小樽の銭湯これで10湯目~ 次は日の出湯だっ

柳川湯

小樽市稲穂3丁目16

月曜定休

034

お風呂の前は柳川通り。

036

ふと目にとまったのがこちらのパン屋さん。懐かしい感じのお店です。

039

手作り感満載のパン。種類もけっこうあっておなじみさんがお店の方とおしゃべりしながら買い求めていました。

037

友和(ゆうわ)のパン

小樽市稲穂4丁目3-6

017

小樽、サイコー

ぽちっと応援お願いします。

人気ブログランキングへ

« 天敵 | トップページ | お墓参り »

歴史的建造物めぐり」カテゴリの記事

コメント

すごいすごい!ままおさん、さすがです。
能島家の邸宅が能島通りにあるんですね。
小樽市最上2丁目の邸宅はどこだろう?また、その母屋が藪半なんですね。
それに、銭湯まで行かれたんですね〜
いや〜、勉強になります。地元の私が知らないこともいっぱいです。
ん? 最後の猫達はひょっとして、能島通りの猫?

恐縮です。でもすごくなんかないですよー!本やパンフの受け売りですもん~見たい建物を探す前にストリートビューで模擬歩きしたりして下調べをします。初めて行く場所でも「あ、ここ昨日来たー!」なんて。でも極度の方向音痴なので必ず迷いますケド・・・。藪半には白鳥家の蔵も組み込まれているようですよ。K邸のほうは北照高校の裏手になるのかなぁ。どちらも古いものを遺したいという執念を感じます。あ、ネコちゃんたちは能島通りのネコです。札幌のネコと違いそばに行っても逃げませんねー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小樽歴史とグルメと銭湯でフラフラ~:

« 天敵 | トップページ | お墓参り »