フォト

リンク

  • 札幌レンタリース

リンク!リンク!リンク!

最近のトラックバック

« 夕張をフラフラ~プラス | トップページ | らんらんドッグラン~ »

2014年4月23日 (水)

りんご~りんご~の平岸をフラフラ~

今日は友人のImさんと久しぶりの逢瀬、いやいやデート、いやいやフラフラ~です いつも行き先はだいたい任せてもらうのですが、今日もわたくしのチョイスに付き合っていただきました。

001

まずは地下鉄平岸駅から旭町方向へ少し戻り・・・。平岸街道沿いにひっそりと佇む札幌軟石づくりのりんご倉庫へ。

002

横から見ると。


003


かつて平岸地区は明治初期の開拓時からりんご栽培で栄えた地域で、大正期から昭和初期まで全盛を誇りましたが、その後宅地造成などにより姿を消していきました。

旧江指家りんご倉庫

豊平区平岸3-3

昭和10年建築

004_2

こちらは端正なレンガ造り。平岸天神太鼓道場として使われています。

005

裏には軟石造りの倉庫もありました。

006

こちらもりんご倉庫。

旧中井家りんご倉庫

豊平区平岸3-2

昭和10年建築

007

こちらはさらに大きい石造り2階建て。りんごの共同選果場だった建物です。1階が作業場で2階が集会所だったそうです。

008

裏に回ってみるとレンガの煙突がついていました。

009

喫茶店として使われているので中も見られます。2階の一部を吹き抜けにして小屋組みがあらわになっています。

010

おいしいコーヒーやスイーツをいただけます。(スイーツはガマン)

011

内壁も軟石がそのまま。ひとつひとつに削ったすじがついていますが、タガネか何かで削ったのでしょうか、うーん

珈房サッポロ珈琲館

旧平岸農事実行組合共同選果場

豊平区平岸2条6丁目2-27

昭和11年建築

017

実はこのあたりは私がかつて住んでいた場所。懐かしい風景もありすっかり変貌して寂しい風景もあり・・・。と小学校に行き着きました。

016_2

125年ですかぁ、歴史がありますねぇ。

014

校門脇にある“みのり”の像。りんごの木をバックにりんごを持っています。りんごオシですねぇ。

015

ちょっと見づらいですが校章のデザインはりんごの花びらと種子がデザインされているそうです。

012

小学校のフェンスにりんごならぬアンパン道路の看板が 明治末期、平岸地区の人々が豊平から月寒に移転した役場に行きやすいように作られた道路で、従事した兵士たちに毎日アンパンが配られたことからアンパン道路と呼ばれるようになったそうです。2.6キロなので今度歩いてみようかな。国道36号線側の入口は知っていましたが終点がこことは知りませんでした。

021

思いのほか時間がかからなかったので、予定にはなかったのですが天神山まで歩きました。何十年ぶりだろう。

022

やっぱり「平岸りんご園跡」の碑。

023

札幌出身の作家、久保栄の戯曲の一部。「林檎園日記」

047

こちらは石川啄木の歌碑。

「石狩の都の外の君が家

林檎の花の

散りてやあらむ」

まったくもう!の啄木ですが詩はやっぱりいいんですよねー それにしてもどこまでもりんごオシ~

025

頂上と思われる場所に三等三角点を発見!やった~天神山登頂だぁーい

026

太平山三吉神社 平岸天満宮、この神社が天神山の由来かな。

031

管原道真公の絵馬がたくさん。みんな合格したかなぁ。

027

舞殿。お神楽をするのでしょうか。

028

愛嬌のある狛犬。

029

たくましい腕だぁー!

032

天神山稲荷神社。まだ新しいですね。

太平山三吉神社 平岸天満宮

豊平区平岸2条16丁目3-2

044

こちらは相馬神社。

045

福島県相馬郡の太田神社の分霊が祀られているそうです。

043

御神木のシバクリ。樹齢役300年

040

狛犬も色々なタイプがあるそうですね。

039

かなり興味はあるのですが・・・、深入りしないことにします。

相馬神社

豊平区平岸2条18丁目1-1

037

立派な日本庭園もありました。四季折々に楽しめそうです。

034

園内には桜の木もたくさんあるのですが、「天神山アートスタジオ」という建物の壁にくっついた枝先の桜だけ数輪咲いています。ラジオで聞いたという女性に教えてもらいました。壁が暖かいんでしょうね。

048

ランチは行き当たりばったりでラーメン。友人は醤油。

049

私は塩。おいしいけどちょっとお高い820円。

050

さっぽろ純連

豊平区平岸2条17丁目1-41

051

帰り道で見つけた「本願寺道路終点の碑」。起点の碑も伊達市にあるそうです。今となっては信じられないことですが道路がほとんどなかった時代に北海道を開発するためにどれほどの困難をもって道路が開削されたのか・・・。考えるだにオソロシイことです。ちなみに資金が乏しかった当時の政府が東本願寺に懇請したので「本願寺道路」というそうです。最大の難所である中山峠には玄如上人の銅像もあるそうです。(気付かなかったなぁ

052

地下鉄南北線平岸駅からフラフラ歩いて澄川駅までけっこうな距離を歩きました。明日は筋肉痛必至かも・・・。 ウィズユーカードを使い切ったのでサピカデビューしました。

070

ぽちっと応援お願いします。


人気ブログランキングへ

« 夕張をフラフラ~プラス | トップページ | らんらんドッグラン~ »

歴史的建造物めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: りんご~りんご~の平岸をフラフラ~:

« 夕張をフラフラ~プラス | トップページ | らんらんドッグラン~ »