フォト

リンク

  • 札幌レンタリース

リンク!リンク!リンク!

最近のトラックバック

« 美形! | トップページ | 広~く浅~く »

2015年7月13日 (月)

たかが石ころされど石ころ

深く追求するのを避けてきたものがいくつかあります。そのひとつが・・・。

Dscn0772_2

石ころ・・・でございます。子どもが小さい頃キャンプや旅行に行ったときに主に海や川で拾ったものです。乾くとくすんでも水に濡らすと色が変わるものやきれいな模様のあるもの、変わった形のものなどつい夢中で拾っていました。

Dscn0770

こんな本を見つけて借りてしまったので軽~く調べてみることに。

Dscn0769

ところが想像通り入門書ながらの難しさ。分類さえもあやふや~近そうなのはあるけど確証がない・・・。

Dscn0767

んで、わかったのはこの石だけ。石英閃緑岩という深成岩の一種でマグマが地下深くで冷えて固まった火成岩に分類される石です。んんん・・・ロマンを感じる・・・。

Dscn0768

これはコレクションの一部なのでほかの石も調べてみますが、たぶんわからないだろうなぁ わかったら楽しいだろうなぁ

Dscn0525

かあちゃん、ここにも落ちてるよ~

ぽちっと応援お願いします。


人気ブログランキングへ

« 美形! | トップページ | 広~く浅~く »

趣味」カテゴリの記事

コメント

なかなか美しい宝石です。
川や海岸で拾った石乾くと・・・がっかりな事よくあります。
なので、硝子瓶に水を入れて飾っています。
グリーン系の石が好きです・・なんだかヒスイを連想してしまうのです。
もちろんヒスイ海岸(確か富山?だったと思います)にも行き拾いましたがヒスイかどうかは謎です。

そうですねぇ、宝石も石ですものね。(私のはただの石だとおもいますが・・・。) でもロマンを感じますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たかが石ころされど石ころ:

« 美形! | トップページ | 広~く浅~く »