フォト

リンク

  • 札幌レンタリース

リンク!リンク!リンク!

最近のトラックバック

山登り

2016年9月15日 (木)

足慣らし

4月末にケガをして以来、不自由をしてきましたが。

Dscn4607

あの山のてっぺんまで行けるまでに回復しました。

Dscn4604

といってもここは。

Dscn4606

このように幼稚園児でも簡単に登れる

Dscn4612

札幌市東区にあるアートパーク、モエレ沼公園内にある「モエレ山」。不燃ごみと公共残土でできた人工の山です。

Dscn4613

こちらはガラスのピラミッド。展望台やレストラン、ギャラリーなどがありイベントが行われたりもします。

Dscn4609

展望台からは札幌市街が一望できます。

Dscn4608

アトリウム内は陽がさんさん

Dscn4611

とにかく広い公園なので気持ちがいいです。いい足慣らしになりました。

Dscn4535

ぽちっと応援お願いします。


人気ブログランキングへ

2014年5月 5日 (月)

濃昼山道をフラフラ~

今日は石狩市の濃昼(ごきびる)山道を歩いてきました。

001
連休だしたくさん登山者がいるかなぁ、と思っていましたがとうとう誰にも会いませんでした。みんなどこいったん~
002
ウエルカムフラワーはニリンソウ。
004
サブは大好きな水遊びにご満悦。
006
誰が一番キレイ・・・ エゾエンゴサク、キクザキイチゲ、カタクリ。
007
ところどころに残る苔むした石。いにしえの山道の遺物でしょうか。
008
オクエゾサイシン。もう少しで咲きそうです。
009
かなり古そうな水準点。この山道もかつては主要な道路だった
010
廃道になっていたこの山道を保存会の方たちが蘇らせてくれ、案内もこうして親切です。
012
白いエゾエンゴサクを見つけました。
014
日陰部分にはまだ雪渓が。
015
根開け。
026
ハマハタザオ。
027
エゾオオサクラソウ。
028
峠に到着。濃昼から登ってここで折り返します。ここからさらに進んで安瀬(やそすけ)まで出ることもできます。
032
ちかれた・・・おやつおくれ。
033
浜益方面への道路が見えます。海もきれい。
036
最後にクールダウン。
039
ちょっとだけお土産も。(まだ少し早いです)
040
おひたしと天ぷらで。
044
汚れちゃったのでお風呂でシャンプーされて納得いかない顔のサブ。
030
花に癒された山歩きでした。

ぽちっと応援お願いします。


人気ブログランキングへ

2013年10月20日 (日)

久しぶりの山歩きへ

年々行く回数が少なくなってきている山登り。今年は膝や腰が不調だったのでなおさらのこと。膝や腰は治る事はないと思うので、うまく付き合っていくしかないんだろうなぁ。

002

というわけで、今日は支笏湖の外輪山のひとつ紋別岳へ登ってきました。 膝にはサポーター、腰にはコルセット冷えるといけないので登山用ズボンの下にはスパッツもはいて。

001

866mで頂上までNTTの専用道路がついているので比較的登りやすい山です。

006

今日は時々小雨が降るあいにくのお天気でしたがそれでもこんな道路なので歩きやすい

005

登山口を進むと沢があります。

004

トーゼンINです 

007

先日の嵐で倒れたのか横倒しになった気が数本。ガスもかかってきました。眺望は期待できません。

008

標高が上がるにつれ足元には雪が。

009

雪が

011

雪がぁーっ

013

でも見た目ほど寒くなくて助かりました。

015

1時間40分ほどで登頂成功。想像通り、なんにも見えませんワ

018

ボクも登ったよ

019

頂上にはアンテナなどNTTの施設がいくつか。風を避けてお湯を沸かし、カップラーメンを食べました。

022

それにしてもモノモノしい・・・。前に来た時にはなかった施設もありました。

025

下山途中ガスが消えてきました。

026

今登ってきた頂上。でもアンテナはまだ見えませんね。

028

あ!見えた

030

天気が良くなかったので5,6人しか出会いませんでしたが、中にはマウンテンバイクで登っていく猛者も・・・。帰りはラクでしょうけどねぇ。

032

下山後は温泉が定番。丸駒温泉は激混みだと思ったので、また入ったことのないこちらへ。

031

休暇村 支笏湖です。お肌すべすべ美肌の湯、ですよ~。

千歳市支笏湖温泉

700円

033

ホテルの周りは美しい大自然~

035

登ってきた紋別岳も見えました。

038

晴れていれば絶景なんですけどねぇ。

016

今日は菊花賞がありました。 感想などは明日UPします。

ぽちっと応援お願いします。


人気ブログランキングへ

2013年6月 3日 (月)

どんだけ~

最近、出かけることが多くて家の中が雑然~ 少し片付けなくちゃー ところが今日も休みの夫は何やら企んでいました。昨日、山歩きをしてきたばかりなのに今日も登ってくるというのです。

002

行き先は市内の三角山。311.3mの低山ですが気軽に登れるので市民に親しまれています。私はもう何度も登っているのですが登山を始めたのが私より遅い夫は、三角山どころか円山も藻岩山も登っていないのです。札幌市民としてどーなんだ!ということですね。

004

ちょっと霞んでいます。市内の山に登っていない理由のひとつがサブ。登山者が多い山なのでワンコは連れて行きづらい。禁止ではないかもしれませんが苦手な人もいるでしょうし・・・。大雪山などでは禁止のところもあります。できるだけ人の少なそうな山を選んで登っています。

005

三角山から尾根を通って大倉山に行けます。映画「探偵はバーにいる」で大泉さんが大変なことになったジャンプ台ですね。

006

市内が一望できます。

007

リフトで観光客がどんどん上がってきたそうです。

008

大倉山から三角山を振り返る~

009

あっ!ずるーい 

私のほうが登っている山が多いのがシャクなのか 円山と藻岩もひとりで行くんじゃないかなぁ。

014

さてお昼前に帰ってきた夫ですが、お昼ご飯を食べたらまたソワソワ・・・。ワラビが気になるらしい。 これから行ってみたいというので・・・。いつもの厚田へ。どんだけ元気なんでしょう・・・。

015_2

ボクもビックリ\(◎o◎)/!「とうちゃん、スゴイ!」

013

おっ!

019

ほっほっほっ

017

ワラビなんてうまいのか

夕食後、自室に入り、まもなくいびきが聞こえてきました。

ぽちっと応援お願いします。


人気ブログランキングへ

2013年6月 2日 (日)

今季初~の山登り~

今日は早起きして山登りに出かけました。行き先は壮瞥町、洞爺湖町、伊達市にまたがる有珠山です。世界的にみても活動が活発な活火山です。最近では2000年の噴火がありました。また、糸魚川、島原半島とともに2009年、日本で初めて「世界ジオパーク」として登録されています。(洞爺湖有珠山ジオパーク

001

登山口には案内板が。

003

有珠山の成り立ちなどが学べますね。

002

昨日は暑くて大変でしたが今日は曇り空で風が涼しい~ 見晴らしはどうかなと思いますが登山にはありがたいです。暑いとバテますから・・・

005

足元にはクルマバソウの群落が続きます。

054

ミツバツチグリ。

053

まだつぼみですがベニバナイチヤクソウもたくさんありました。

009

ホウチャクソウ。

010


マムシグサ。

011

登山道はよく整備されています。

012

ミズナラの木が多くどんぐりがたくさん落ちています。

014

芽吹いた赤ちゃんもいっぱい!

016

ルイヨウショウマ。

019_2

シダの森。

020

タチツボスミレ。

021

可愛らしい看板に癒されます。

023

道案内も親切。

024

セミの抜け殻。

025

かあちゃん、早く~

026

もう少し。

028

林道を横切ります。

030

視界が開けて伊達や洞爺湖町が見下ろせます。天気が良ければ噴火湾をはさんで駒ケ岳も見えるそうです。

031

お地蔵さん。

032

有珠山は頂上には行けないので、今日の目的地はここ、外輪山展望台。さらに40分で火口原展望台にも行けます。

034

北海道大学の有珠火山観測所。

047

すごい迫力だぁー

044

足元の崖にも噴煙が上がっています。

051

広くて気持ちの良い展望台を独り占め~

049

ん?

050

有珠善光寺の奥の院です。善光寺にもそのうち行きたいと思っているのですが・・・。

045

さぁ、そろそろ下りましょう。

052

チゴユリ。

060

登った有珠山は右側。左に見える岩肌は昭和新山です。

059

壮瞥町は果物も有名。花ざかりのこの木はりんご・・・多分。

066

汗をかいたので温泉へ。

063

玄関前には足湯。ここは2度目なのですが前に来た時はなかった気が・・・。

064

鳥居の先には。

065

湯神さま。

067

玄関を入るとそこはまるで博物館?

091

入湯料は400円。この缶に入れるんですね。

068

開けっ放しだったので宿泊部屋を覗いてみました。

075

ジャーン、かなり年季が入っていますが。

078

それもそのはず、この温泉は開湯明治17年。建物も修繕を重ねていますが当時の部分も残っているそうです。

081

湯口が湯花で大変なことになっています

083

岩ぶろは比較的新しいみたい。

087

うーん、そそられます・・・

088

中庭。(裏庭かな)バーベキューができるそうです。

062

蟠渓温泉 伊藤旅館 ひかり温泉

壮瞥町盤渓19

092

車が暑くなるのでサブがいるときは交代で入浴。

096


入浴のあとはやっぱコレでしょう。放牧牛のノンストレス、新鮮牛乳でできていますから美味しくないわけがありません。後味もさっぱり!

095

牧場タカラ

虻田郡喜茂別町中里2-5

ソフトクリームは5月~9月のシーズン中、土日のみ。

牛乳、チーズなどの製品は水曜定休日以外の通年販売。

102

羊蹄山はまだ冬だー

106_2

美しいなぁ。

114

倶知安まで来たのであそこに寄り道。

115

三島さんちの芝桜。残念!ちょっと早かった。

043_2

去年6月6日の画像です。 個人のお宅を開放していただいています。年々スゴいことになっています。

118

膝の不調があり心配でしたが軽い登山ならなんとかいけそうで安心した今日の山歩きでした。

ぽちっと応援お願いします。


人気ブログランキングへ

2012年7月 4日 (水)

小樽の山をフラフラ~

今日は久しぶりに山へ行きました。行先は小樽。暑い時期の登山は厳しいので短時間で登れる山、於古発山(おこばちやま)にしました。まずは天狗山の展望台があるところまで車で登ります。

002

ここにはロープウェイの駅舎やレストハウス、天狗の館、スキー資料館などがあります。

004

天狗に願かけするんですね~

013

天狗山神社もありました。この神社の脇から天狗山の頂上をめぐる散策路がついているので行ってみました。

017

天狗山の山頂は見晴らしは望めません。笹が刈り払われた空き地にプレートがあるだけ。即座に引き返します。

001

やはり展望台からの景色が一番ですね。ただ今日は天気がすっきりしません。(バテなくてありがたいのですが)

008

町が一望できます。

009

奥沢の水源地が見えました。確か使われなくなったんですよね。あの水すだれももう見られないのかな。

033

車で少し戻り「おたる自然の村」付近に車を止めていよいよおこばち山へ向かいましょう。

025


はじめは作業林道を進みます。

022

ミツバツチグリ。小さな花がかわいらしい。

026

サンカヨウの実。

027

ズダヤクシュ。涼しげな花です。

030

分岐の標識。

031

ナゾのキノコ。

032

なぜか惹かれる鉄塔のフォルム。

028

おこばち山山頂に到着。この山も見晴らしはゼロ。おにぎりを食べて即座に下山。

034

あれれれ、ココは確か・・・。今年3月に138年の歴史に幕を下ろした量徳小学校があった場所。建物が壊されて広い空き地になっていました。何ができるのかな、マンション?寂しいなぁ。

037_2

こちらはまだまだ頑張っている銭湯「小町湯」です。小樽で一番の歴史を持つ温泉銭湯。ここで汗を流して帰ります。

038

泉質を書いた看板がかけられた脱衣所の天井や壁にも歴史の片りんを感じます。

039

窓もさりげなく洋風。

040

あんま機やオカマ(正式名称がわかりません)も健在。 いつまでもそこにあり続けてほしい銭湯です。

036

小町湯

小樽市信香町11-4

420円

ぽちっと応援お願いします。


人気ブログランキングへ

2012年6月 3日 (日)

小樽赤岩山をフラフラ~

今日は少し遠くの山へ行こうと思っていたのですが、昨夜早く休めなかったのでムリをせずに近場で楽しむことにしました。

003_2

行先は小樽赤岩山にしました。毎年1~2回は訪れています。水族館の上方、ホテルのさらに奥から散策開始です。

004_2

クルマバソウ。

005_3

チゴユリ。

006_2

タチツボスミレ、多分。

007_2

大勢ですが、ヒトリシズカ。

008_2

クルマバツクバネソウ。

010_2

八十八か所の石仏をながめながら。

009_2

途中、わき道にある鳥居。「白龍権現洞窟」(白龍胎内巡り)への入口です。ここはずいぶん前に友人と行ったことがあるのですが、岩塔の間を縫ったり、鉄梯子を登ったり、足場の悪い崩壊地があったりのかなりスリリングなコース。今思うとよく行ったなぁ、と。当然今日は(も)スルーです。

011_2

安全な一般コースを行きましょう。

012_2

近くでお顔を見られない石仏。

013_3

ほら、あんなところにも。

018_2

そこのあなた、どこ座っちゃってるんですか

019_2

こちらは女性そうです、ここ赤岩はロッククライミングのメッカなのです。 今日は日曜日。天気も良いので大勢の愛好者が集まっています。

024

おおおーぅ 見ているだけでお尻がムズムズします。

022

断崖の下は・・・。ノオゥ~

046_2

大学生くらいから結構な年配者まで。私には魅力はわかりません

031

私たちは安心なカラマツ林を~

029

林の中であやしく・・・マムシグサ。

030

ハクサンチドリは明るい場所に。

026

今日のコースの中間点あたりにある赤岩霊場。お堂と石仏がたくさん並んでいます。

027

赤岩峠の駐車場は登山者やクライミングの人たちの車でいっぱい。

028

この鳥瞰図は年季が入っています。

036

峠からは分かれ道、赤岩山(アンテナのあるところ)の方へ向かいます。

037

ベンチのある展望台。いつもここでひと休みして引き返します。

032

眼下に絶景が広がります。

041

海の向こうに雪の積丹岳。休憩後来た道を戻ります。

048

ここまで来たらもうひと息。

049_2

エゾスカシユリのつぼみがたくさん

050

どこまでも碧い海。 2時間ちょっとの山歩き。オススメです

052

帰りに寄ったのは・・・。

051

漁場建築 茨木家中出張番屋です。長く放置され傷んでいた番屋がNPOの尽力によって蘇ったのです。茨木家は祝津三大網元のひとつ。住宅も番屋のとなりに残っています。建築年は明治後期だそうです。

062

茨木家中出張番屋

小樽市祝津3丁目

見学料 200円

056

番屋のすぐわきに神社の鳥居があります。ちょっと膝がガクガクしますが頑張って登ってみましょう。

058

本殿は小樽に3棟ある江戸時代の遺構のひとつだそうです。

059

境内にはイチイとヤマグワの指定保護樹木があります。これはヤマグワ。推定樹齢役280年と書いてありました。

恵美須神社本殿

小樽市祝津3丁目

文久3年(1863)建築

065

お昼は一度食べてみたかったコチラ、中華チラシ。帯広ではポピュラーなメニューのようですが小樽でも食べられるのです。

066

こちらは小樽のポピュラーメニュー、あんかけ焼きそば。どちらも700円。

064

メニューでは五目焼きそばになっていました。どちらもあいかわらずボリューミ~。2度目の来店です

067

建物は簡素、店内も決してキレイとは言えませんが(失礼!)味はいいんですから。

かたの

小樽市高島1丁目5-17

ご主人がひとりで作るため混んでいると多少待ちます。

ぽちっと応援お願いします。


人気ブログランキングへ

2012年5月20日 (日)

ワイルドな低山

今日は訳あって予定と違う場所へ山登りに行きました。

038

西区にあるピラミッドのようなこちら、五天山です。かつての採石の跡が痛々しいばかりですが数年前にふもとが大規模な公園に生まれ変わり日曜日ともなればたくさんの人でにぎわうスポットになっています。

003

山登りは公園の反対側から。30分くらいで登れるようです。

004_2

はじめは林道歩き。

005

ニリンソウがわんさかお出迎え~

001_2

クルマバソウ。

002_2

ヒトリシズカ。

006_2

五天山神社。この山は神聖な山なんですね。

007

ホウチャクソウ。

009_2

だんだん道は狭くなり・・・。

008_2

こんなワイルドなところも

011

35分で頂上に到着。祠を守るように一対の駒犬が鎮座していました。

012

こんにちは。

013

ごくろうさま。 残念ながら頂上は樹木に覆われて見晴らしはほとんどなく。ひと息ついて下山です。

017

マムシグサがニョキニョキ。

021

エンレイソウ。

022

ミミナグサ?の仲間かな。

024

レンプクソウ。

026

アマドコロ。

027

タラノキ。

030

ミツバアケビ。

031

特に珍しい植物はありませんがたくさんの草花に癒された山歩きになりました。

035

下山の途中からの風景。

037

まだ10時前でしたが駐車場はほぼ満車。公園は大盛況でしたがあそこに登ったのは私たちだけ・・・

039

ぽちっと応援お願いします。


人気ブログランキングへ

2012年5月13日 (日)

楽園

気温の低い日が続いていますが、今日から少し回復傾向という予報を信じて・・・。

010

朝日岳(南区定山渓)へ今年初めての山登りです。

062

定山渓ではエゾヤマザクラが最後のガンバリをみせていました。 気温が低かったので長持ちしたんですかね。

004

風は冷たいものの天気は上々~

005

エゾヤマザクラ~

003_2

温泉街のこいのぼりも元気に泳いでいます。

007

今日は岩戸公園コースから登り、豊林荘コースを下りてくる予定。お堂の脇の急な石段が登山口です。

008_2

タチカメバソウ?ワスレナグサ・・・?いきなりわんさか咲いています。

009

ヒトリシズカは大勢で~

011

エンレイソウ。

012

無数のニリンソウ。

013

群生~

014

マムシグサがニョキニョキ~

016

ツツジはまだつぼんでいました。

019

オオカメノキ。

020

ヒメイチゲ。小さな花です。

021

エゾエンゴサクは咲き終わりが多いみたい。

022

ナニワズ。

023

ミヤマエンレイソウ(シロバナエンレイソウ)

025

シラネアオイ。

026

カタクリも終わりかけ~

027

斜面一面お花畑~ これはもう“楽園”です。

029

立派な行者様も。

031

ポップなこちらは・・・(シダの名前はわかりません)

032

花に見とれているとこんな場所に出くわしました。ロープ場ー

035

スミレも種類が多いんですよねー

034

分岐まできました。あとひと息。

036

ヒメイチゲに励まされながら・・・

040

頂上に着きました。1時間とちょっと。

041

サブもひと休み~

042

残念ながら見晴らしはいまいち。これから葉が茂りだすともっと見えなくなります。

039

左側雪を頂いているのが余市岳。右のコブは定山渓天狗岳。

046

三角点と祠、そして謎の屋根飾りのようなもの。サブもビックリ

048

帰りに出会ったヘビさん。寒いせいか動きが鈍いー

049

豊林荘コースを下りてきました。花は岩戸公園コースがだんぜん多いというか95対5くらいの割合 

051

川沿いの散策路を通って温泉街へ戻ります。

053

ここにはサブのお楽しみがー

052

あーぁ、やっちまいました。

055

散策路は歴史を感じます。

056

日陰には雪が残り・・・。

064

日向にはネコがー

065

ネコがー

062_2

久しぶりにいい運動になりました。

067

定山渓までは行きも帰りも小樽(朝里~)まわりで行きました。春紅葉がきれいでした。

002

定山渓天狗岳もきれいに見えます。

030

ぽちっと応援お願いします。


人気ブログランキングへ

2011年12月21日 (水)

総決算ー山登り編

年々減ってるなぁ・・・。山登りの回数。 基本、サブも連れて登るので大雪山の山々やアポイ、雨竜沼湿原など連れて行けない場所も多いしなぁ~ 

068


やっぱり今年の一番は西別岳かなぁ。景色も花も最高でした。

5月9日 濃昼山道

5月18日 定山渓夕日岳

6月9日  遠藤山

6月26日 西別岳

9月27日 樽前山

10月12日 白樺山

11月2日 室蘭岳

来年はもうちょっとガンバロー

001


ボクもガンバル

ぽちっと応援お願いします。

人気ブログランキングへ